So-net無料ブログ作成

無理な呼吸をしないで、安静にするのみで自然治癒を待つ [健康]

自覚症状が無いまま完治してしまうこともあります。 避妊薬
どうやら、肺気腫症の患者さんにも気胸の発生が多く見られるようです。 気胸では肺が潰れた状態になるため、肺を広げるために、胸壁から管を差し入れる持続的吸引脱気をする必要があります 。もしかしたら、御友人はこの状態かもしれません。
母が亡くなったとき一緒にいたのは父のみで父の証言しか今はありません。母は昼間急に倒れ、あまりの激痛に座薬で鎮痛をしたそうなのですがそのまま眠ったように朝までおり何とも冷たい話ですが。朝父が気づき、朝8時に医者を呼んだそうです。推定の臨終時間は夜中0時。動脈乖離と診断されそのままでした。私は無知で子供でしたので今思ったのですが医師が自宅に来て「大動脈乖離」と判断などできるのでしょうか?と今その病気を詳しく知って思うのです。確かに通院していた病院で高血圧等の症状は知っているはずですが。往診の医師もその人ですが。すごく疑問です。解剖したわけでもないのに。と素人のわたしは思います。死後設備のないところでどう動脈乖離と判断するのでしょうか。
大動脈乖離の正確な診断にはレントゲンやCT検査による画像診断、血管造影が必要になります。激しい胸痛後に死に至ったというエピソードからは、心筋梗塞もしくは大動脈乖離が疑わしいと思われますので、あながち誤りではありませんが、あくまでも推定病名である可能性も否定できないと思われます。異常死についての行政解剖ができる監察医務院を持つ都市は限られています。しかし、設備がなくとも体表から針などを差し込む程度の「検案」は行うことができます。胸腔や心嚢を穿刺し血液が吸引できれば診断可能と思われます。そして、死亡診断書と同紙面上にある死体検案書欄を記入せねばなりません。
医師は「医師法」という法律により、異常死体を診たときには、所轄の警察に24時間以内に届け出ることが義務付けられていますが、かかりつけ医の裏付、また検案があれば、異常死でなく病死と断定できる場合もあるのです。
あなたがいわれている通り、死亡原因は「大静脈乖離」という病名に不審がるのは、確かです。死亡時間は硬直程度などからの推定だと思われます。死亡原因も病死であれば、全身を監察し、大動脈乖離の症状が出ていたのか?から判断した推定だと思われます。中絶薬
細部、不審な病死であれば「行政解剖」を行う場合もあります。不審死で犯罪の可能性がある場合は「司法解剖」となります。行政解剖は東京都と他に一部の都道府県しか行っていません。
ほとんどの死亡診断書の病死の場合の原因は「心不全」や「脳卒中」とかかれている事が多いです。
気胸は肺から胸腔の中に漏れた空気を抜いて傷がふさがればそれでOKです。
ただし破裂しやすい場所がある場合にはそこを手術でとることもありますが。
タバコをやめられたとのこと。たいへんよろしゅうございました。
それから風邪をこじらせないよう、インフルエンザの予防接種なども受けられてください。
初期段階では無理な姿勢や運動をせず、無理な呼吸をしないで、安静にするのみで自然治癒を待つ。これが気胸の基本的な治癒方法で、自覚症状が無いまま完治してしまうこともあります。
胸腔ドレナージ術による吸引を行います。これは胸腔内を脱気し肺を膨らみやすくするのが目的で、原因病巣の治療は自然治癒を含む他の手段を求めます。
繰り返す自然気胸やドレーン後も改善しない気胸では、手術によって嚢胞の切除が行われます。現在では胸腔鏡下で行われるのが一般的ですが、場合によっては開胸する事もあります。穴の開いた部分を縫い合わせる手術もあります。事前に胸部CTで原因病巣と思しき大きな嚢胞を探して目標としますが、実際に破れたのはCTで確認できないような小さな嚢胞の場合もあります。 シアリス


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。