So-net無料ブログ作成

ステントを留置した病変が再狭窄を起こした可能性もあります。 [健康]

ステントを留置した病変が再狭窄を起こした可能性もあります。避妊薬
訴訟ではごく一般的な医師の診断基準から外れてない限り、医師の過失と認めてもらえないから今回は厳しいのかな。
それと別な話だけど上で回答しているお医者さん?
「後の病院での”もっと早くわかっていれば”発言は患者を不安にさせるだけ」っての。
もし明らかに対応不十分とか医療ミスが疑わしいケースでも、病院同士でかばい合って患者に気づかせるような発言はしないほうがいいってことなのかしら。
それじゃ患者や家族は疑う要素もないから真実は決してわからないよね。
医者の考え方ってやっぱり一般とはかけ離れてるのかなと思いました。
「このケースは普通はわかりません、だから医者は悪くないです」って平然と返されたらなんか可哀そう。もう少し他の検査してればわかったかもしれないんでしょ?
書き方の問題かもしれないけど。
必ずしも同じ冠動脈の病変が関与しているとは限りませんし、ステントを留置した病変が再狭窄を起こした可能性もあります。
ステントの登場でバルーン単独の治療法よりも再狭窄は減少しましたが。
まったく再狭窄が起こらないわけではありません。主な原因として内膜増殖、遺伝子、炎症、血管作動物質などがあげられます。
現在、親戚の中に、心筋梗塞を患った方がいます。
心筋梗塞発症時に、カテーテル手術を行い、ステントを2個挿入し、血流を補助しています。
また、心臓の左心房が壊死した状態で、機能していない状態が5年続き回復の見込みは全くありません。
もちろん、重労働不可で、月に一度通院、多量の薬を処方されています。このような場合、身体障害者となるのでしょうか?媚薬
活動若しくは社会での極めて温和な日常生活活動には支障がないが、それ以上の活動は著しく制限されるもの又は頻回に頻脈発作を繰り返し、日常生活若しくは社会生活に妨げとなるもの。
日常生活に支障がない場合には認定は困難だと思います。心機能での障害者の習得は結構難しいので、主治医の先生と相談されるほうがいいと思います。
先日、父が心筋梗塞になってしまい心肺停止状態までなりましたが何の後遺症も無く無事に退院する事ができました。そこで今後、「減塩して食事を取るように」と指導がありましたが 減塩料理等が不慣れなせいかなかなか調理のやり方が解かりません。そこで心筋梗塞後の色々な食事が解かりやすく出ているサイトをご存知な方はおられませんでしょうか?
仕事の同僚が心筋梗塞で入院してます。症状が出てから24時間以上経ってから自分で病院に行ってそのままそく入院したみたいです。カテーテルをとってすぐ手術をするのかなと思ってたんですが。
院してから一ヶ月まだいろいろ調べています。血管が一本詰まってるというのは聞きました。
これっていつ頃手術できるんでしょうか?また治る見込みはあるんでしょうか?
まずはカテーテルには「診断カテーテル」と「治療カテーテル」の2段階があります。
発症数時間であり、梗塞部も「完成」されていなければ、引き続きより重篤な状態になる可能性もあるので両方を同時に行うこともあります。しかし、これはむしろ一般的ではなく、当然命への危険度も高まりますが、そのカテーテルの危険度よりももっと心筋梗塞による危険度の方が高いので已むを得ず同時に治療までしてしまうということです。24時間以上たってしまっていたなら、梗塞部も「完成」されており、逆に病変部位そのものがこれ以上重篤にはすぐになりえないと判断し、一般的な狭心症と同じく、しっかり「診断」してから治療計画をたて、「治療カテーテル」に入るのが最も安全かつ一般的なカテーテルの方法であることをまずは理解してください。
一般的には時間がたってしまった心筋梗塞の患者では「診断」カテーテルは行いますが、その先の「治療」まではある程度間をおくことが多いです。理由は「心筋梗塞発症後しばらくは再梗塞や死んでしまった心臓の筋肉に異常が起きる事が多い」からです。つまり安定していないということです。
具体的には1週間ぐらいたてば、今回起こした「心筋梗塞の状態」は安定してきますので、発症後数週間ぐらいたってから、万全の体制で「治療」にうつることが多いと理解しください。
なので、今はその「安定化するまでの待機期間」かもしれません。
カテーテル治療が必要かどうか、つまり、薬で経過をみれるかどうかを検討している。
血管1本のつまりぐあいにもよりますが、完全につまっているのか、また流れているのか、などによってはカテーテル治療での根本的治療よりも薬での予防治療のほうが効果的なこともあります。もしかするとカテーテルで治療するまでもないかも、と検討しているかもしれません。
逆にバイパス手術等を考えているのかも????精力剤
逆につまり具合によってはカテーテルでは治療不可能で、バイパス手術の適応になることもあります。病変部位にもよりますが、カテーテルの可否についての検討期間の可能性もあります。






トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。