So-net無料ブログ作成

腰や背中が痛むこともあり吐き気や嘔吐を伴います。 [健康]

急性腹痛を起こし重症化すると多臓器不全になる。シアリス
私の父は慢性膵炎で、今年の初めに入院していました。
これまで発作のような形で激しい痛みを感じながらも、原因不明って形で片付けられてきていたのですが、今回の入院でようやく原因が膵炎だと分かった次第です。
その際の入院ですが、やはり彼女さんと同じように、鎖骨のあたりに点滴のチューブを刺し、絶食をしていました。
確か、膵臓の腫れ?を取るためだったような気がしました。
絶食で、その最中の栄養補給は完全に点滴にされ、ようやく流動食になったのは、1週間くらいしてからだったと思います。
尤も、私の父の場合は、膵臓の炎症と出血が重なり、その出血が十二指腸あたりを圧迫していると云う、医者にすらCTを見ながら「酷い」といわれたような状態だったので、彼女さんとはあまり被らないかもしれません。
膵臓が分泌する消化酵素は膵管を通って胆のうから分泌された胆汁と合流し十二指腸に流れ込んで活性化します。しかし何らかの原因で十二指腸に流入不可能になると膵液はすい臓に滞り、そこで逆流してきた胆汁がすい臓に流れ、すい臓内で活発化するため、膵臓が自らを消化してしまいます。急性膵炎は、この自己消化作用によってすい臓が炎症をおこす病気です。数日で治る軽症の場合もありますが、重症の場合は周囲の臓器にまで及び、出血 、壊死を起こしショック状態で死に至ることもあります。原因の多くはアルコールの多量飲酒ですが、胆石が原因となることもあります。しかし、原因不明でおこることも少なくありません。症状は激しい上腹部の痛みです。突然痛み出し腰や背中が痛むこともあり吐き気や嘔吐を伴います。避妊薬
膵炎は、膵液に含まれる消化酵素が何らかの原因で自己を消化するようになり、膵臓に炎症を起こす病気で、慢性膵炎は、この炎症を何度も繰り返しながらゆっくりと進行していきます。この間に膵臓の細胞は徐々に破壊され、繊維化?石灰化して硬くなり、すい臓の機能が低下するため、内分泌、外分泌機能に異常がおき、全身に症状があらわれます。また、繊維化したところにカルシウムが沈着し、結石を作ることもあります。原因の多くは、アルコールの過剰摂取、胆石症、急性膵炎によるものです。特に長年、多量飲酒を続けている人は要注意です。症状は腹部の鈍痛、腹部膨張感、背中や腰の痛みが繰り返しおこります。他にも吐き気、嘔吐、下痢を伴うこともあります。
膵臓が自分の作ってる膵酵素で自分を消化した結果生じる急性の炎症。胆石、薬剤等理由は色々ですがアルコールが原因の最多。
症状は主に浮腫、膵臓出血、膵臓の壊死。急性腹痛を起こし重症化すると多臓器不全になる。治療は薬と点滴が主で多臓器不全を合併する場合は外科的治療。中絶薬


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。