So-net無料ブログ作成

気管の走行ややや骨に隠れてしまう写真となります。 [健康]

統計学的な問題と、経費的な問題によるものと思います。シアリス
法律的にはたぶん1年に最低1回という決まりがあったと思います。
一方で、検査にはコストがかかります。会社の健診であれば会社が、国の健診であれば国が負担するわけです。会社は健康診断をたくさんやったがために赤字になってつぶれたりするわけにいかないという事情がありますね。国は、結局は税金でまかなわれるわけですが、医療費削減が叫ばれている現在、そういうわけにはいきませんね。
そもそも健康診断の胸部エックス線撮影の始まった目的は「結核の検索」であって、「癌の検索」ではないということも関連しているかもしれません。
また、精度の問題としては、胸部エックス線撮影では拾いきれない病変も結構あります。その意味では胸部CTの健診というのがおすすめとなりますが、これまた単純撮影よりもかなりの高額になります。
癌は細胞の種類や分化度によって、進行が早かったり、遅かったりまちまちです。あなたの質問のように手遅れになる可能性もあります。それは個人個人の自覚で検査を行っていただく、つまり、ご自身で半年後は自腹を切って検査に行っていただくのがよいのかもしれません。
胸部レントゲンとマンモグラフィではものの見方が違います。挟む、という単語が出ているので撮影方法はご存じなのでしょうけれど、マンモグラフィを行う際に乳房を板で挟んで広げるのは「乳房のみを撮影する。乳房をできるだけ薄く、均一の厚さに伸ばす」狙いがあります。
レントゲン写真は体を透過して撮影する技術ですので、おそらく今回貴方のおっしゃっている写真では、乳房と肋骨は重なって映っており、また、乳腺は全くと言っていいほどわからない筈です。とくにマンモグラフィで探すのはほんの小さな病変です。肋骨に重なっただけで隠れてしまう可能性があります。これでは乳房の診断に役立つとは言えませんので、医療従事者としては診断に適した撮影をさせて頂きたく思います。レビトラ
病院などで様々かもしれませんが、第七頸椎首の後ろの付け根あたりに、一番ボコっと隆起している骨がありませんか?それが第七頸椎といわれている首の骨の一番下ですから、大体ズボンのベルトを巻く部分から3~5cm上まで、といったところでしょうか。 ただし体格によって差があります。
基本的には胸部レントゲンであれば「肺」がすべて入っている事が条件なので、痩せ形で長身の人であれば肺は細長く、太っている方ほど肺は上下には短くなりますので、体格などを見て調整を加える事もあります。
無論専門外であっても顕著な病変は知っている医者のほうが多いとは思いますが。
また、レントゲンにおいても「肺や心臓等を診察する検診のような胸のレントゲン写真」と「肋骨、肩甲骨を見たい整形領域の胸のレントゲン写真」では、若干写真の濃度が異なります。
前者であれば気管の走行を見せるために肋骨を「透過」したような写真ですが、後者であればむしろ骨を強調した気管の走行ややや骨に隠れてしまう写真となります。
結論として言うならば、貴方は「整形外科において」、適正なレントゲン撮影を受け、適正な診察を受けた。という事になり、外科や内科の診察を受けたわけでは無い、という事になってしまいます。超級脂肪燃焼弾



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。