So-net無料ブログ作成

甲状腺が異常ならば治療はきちんと受けましょうね。 [健康]

僕も2年程前から甲状腺機能亢進症でバセドウ病の治療を続けています。僕の場合もメルカゾールの服用後に副作用のじんましんが出て、チウラジールという薬に変えてもらいました。ちなみに薬は2種類しかないみたいですバセドウ病の場合、最初はメルカゾールを服用することが多いようですが、合わないのであれば、薬を変えてもらうのも手だと思いますよ。ただし、6年も前から続けていらっしゃるのであれば、薬に対する抵抗性が強いのかもしれないですし、放射線療法とか手術もお医者さんと相談してみては?今の主治医の先生以外の意見も、聞いてみたほうがいいと思うし、お医者さんにあまり遠慮する必要もないと思いますよ。
甲状腺低下症とこうしん症の二つ種類が有り、私はこうしん症をわずらってます。息切れ、多汗、イライラ、疲れやすい、食べても痩せる、脈拍が多いと言う症状で血液検査を受け発覚。バセドー氏病を併発する可能性大と言われてすぐバセドー氏病も併発。眼球が突出し、今でも戻ってません。ひどくなるとのども膨らみます。もし甲状腺が異常ならば治療はきちんと受けましょうね。
血液検査によるものがほとんどだと思います。多分血液検査で異常はわかると思います。甲状腺は、ホルモンを作り出します。検査の数値が高ければ、甲状腺機能抗進症低い場合は低下症など他にも、橋本病などがあります。代謝に関係するものですので、抗進症の場合は動悸や体重減少、手の震え、イライラ、発汗などの症状がでます。低下症ですと、浮腫、倦怠感など様々です。ただ、初期のうちはわかりにくいので注意が必要です。
甲状腺から分泌されるホルモン、fT3,4が、増加し、もともと、甲状腺のfT3,4のホルモンの分泌を促進するTSHが、これ以上、ホルモンを分泌しないように、低下しています。
動悸、心拍数、血圧上昇、夜も寝なくても元気っていう人が多いようです。
女性に割りと多く、甲状腺のホルモンを抑制する薬剤を内服し調節します。
コントロールがつくようになれば、症状が消失しますが、長期で薬剤内服を継続することが多いです。
甲状腺腫瘍が有り、検査の結果良性の腫瘍だと診断されました。 しかし一年ほど前から、動悸?目眩?頭痛?両手足の痺れ等が有り内科、循環器科、脳神経科等で診察を受けましたが特に異常は無く、自律神経失調症と診断され、投薬治療を受けています。血液検査でも異常は無く。甲状腺は問題無いと言われましたが、色々と調べると、自分におきている症状が甲状腺機能亢進症の症状と似ているのではないかと思いました。血液検査で異常が無くても、ホルモンのバランスが崩れ、症状がでる事は有るのでしょうか?教えて下さい。ちなみに下記に血液検査の結果を書きます>。
RU486 通販
巨根カプセル





トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。